トレーニング指導で、意識している事

2018年5月6日

【選手の主体性を発揮】
スポーツ現場や職場でトレーニング指導をする際に、意識している事があります。それは【主体性】です。

私は、スポーツ現場に出て10年以上が経過しました。
20代の頃のトレーニング指導は、自分の考えで、これをやればカラダが大きくなる、強くなるなど、自分の考えの押し売りでした。選手の身体は大きくなりましたが、そんな指導を受けている選手の口癖は「今日は、キツくですか?」「今日は何時に終わりますか?」など後ろ向きな言葉が多かった気がします。


それから、多くの経験を積み、現在はトレーニング指導の前に、必ず選手の課題を共有する時間を作っています。
どんなプレーをしたいのか?
どんなカラダを作りたいのか?
どんなトレーニングを必要としているのか?
そんな話を具体的に、話してからトレーニング始めます。
そんな時間を増やすと選手から「スイングでカラダが横にブレてしまう」「走っている時にアゴが上がってしまう」など具体的な課題が選手から、かなり上がるようになりました。後ろ向きな発言もあまり聞かなくなりました。
実際、パーソナルで関わりを持っている選手たちの結果が向上してきました。

やはり、選手とのコミュニケーションはとても大事です。
選手の主体性を高められる環境づくり、これからも大切にしていきたいと思います(^_^)



はまっと整骨院
浜松市南区楊子町508
電話053-442-2502
http://hamatto.biz
?Gg[???ubN}[N??
はまっと整骨院
(Hamatto Conditioning Laboratory)
静岡県浜松市南区楊子町508
TEL 053-442-2502
▼診療時間
午前 9:00~12:00
午後 15:30~20:00
休診日 木曜午後・日曜・祝日
各種保険適用