野球部の諸君、肩甲骨動かせますか?

2018年9月27日

こんにちは。

はまっと整骨院の曽根です。



野球部の選手の故障が多い場所に、肩痛があります。

回旋筋腱板炎

上腕二頭筋長頭炎

SLAPP損傷

などなど、様々な疾患があります。


今回は、肩痛の予防の為に、肩甲骨の動きについてお伝えします。

肩の骨は、上腕骨と肩甲骨が肩甲上腕関節という呼び方で、肩関節を作っています。


その為、腕の筋肉を鍛えるだけではなく、肩甲骨も含めた動き作りが大切です



肩甲骨は、挙上、下制、内転、外転、上方回旋、下方回旋、前傾、後傾と多くの方向に動きます。




野球選手の肩痛のある方は、この肩甲骨の動きが小さかったり、肩甲骨周りの安定性が無かったりする特徴があると、
ケガが発生しやすくなります。


肩甲骨をしっかりと動かせる!
これが、肩痛の予防、改善の近道です。




今回は、トレーニング方法を1つご紹介します!
キャット&ドッグというトレーニングです。


トレーニング動画



ぜひ実践してみて下さい。


また、当院では、野球部のトレーナー経験が12年以上の僕が、しっかりと責任を持って対応させて頂きます。



初めての方も、当院のLINE@などでメールを頂ければ、いつでもご相談に乗ります。
LINE@登録

ご予約の方へ



浜松市南区楊子町508
電話053-442-2502
はまっと整骨院
ホームページ
?Gg[???ubN}[N??
はまっと整骨院
(Hamatto Conditioning Laboratory)
静岡県浜松市南区楊子町508
TEL 053-442-2502
▼診療時間
午前 9:00~12:00
午後 15:30~20:00
休診日 木曜午後・日曜・祝日
各種保険適用