マラソン大会で、膝や足が痛くなる理由

2018年10月26日




こんにちは。はまっと整骨院の曽根です。



10月に入り、マラソンシーズンが始まりましたね。

中学生や高校生の駅伝大会。

静岡県市町村駅伝

浜松シティマラソン

など、様々な大会が今年度も開催されます。




マラソンランナーさん達のシーズンが始まる事で、膝や足の痛み、ケガが増えて来ます。


そこで、今回はランナーさん達に多いケガについて、予防の為のケアもご紹介します。




[ランナー膝]

よくマラソンランナーや陸上選手などが、膝を痛めると、この様な診断名を伝えられる事があります。

ランナー膝、そのものは総称として考えて下さい。

疾患名は様々ありますが、

鵞足部炎(がそくぶえん)

腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)

膝蓋腱炎(膝蓋腱炎)

など、繰り返すランニング動作で、痛みを感じる疾患です。



では、なぜ痛みが出てしまうのでしょうか?

単純に多く走り込んだからでしょうか。

こんな曖昧にはしたくないですよね。



痛みが出たのは、結果です。

結果には、原因があります。




当院に通っているランナーさんの多くは、ランニング動作の際に、足を踏み込むと膝が内側に捻っている状態でいる事が多いです。






もう少し、細かく評価をしていくと、お尻(大臀筋や中臀筋)の筋力が弱い状態になっています。


このお尻の筋肉が弱いと、足を踏み込んだ時に、膝が内側に入りやすくなります。


この膝が内側に入る状態で、長く走る事で、微細なストレスが膝の内側や外側に蓄積し、痛みとして感じて来ます。



と言うことは、お尻の筋肉を鍛えることで、膝への負担は軽くなっていきます。

気になるお尻のトレーニングは、こちからです




横向きに寝て、足を天井方向へ引き上げます。
これを繰り返します
つま先は、平行もしくは、つま先を下に向けて行います。

回数は、20回3セットを基準に行って下さい




患部の痛みのみをコントロールするだけでは、根本的な改善にはなりません。

動きを評価して、しっかりと動作を分析する事で、見えてくる原因があります。


繰り返す膝の痛み、足の痛みから卒業する為に、やる事があります。




ぜひ当院へお越し頂き、マラソン大会で成果を出しましょう。

全力でサポートします。




さらなるパフォーマンスアップのために、ぜひ実践してみてください。





トレーニング&コンディショニング
高校生3400円
中学生以下2700円
一般6000円




初めての方も、当院のLINE@などでメールを頂ければ、いつでもご相談に乗ります。
LINE@登録

ご予約の方へ



浜松市南区楊子町508
電話053-442-2502
はまっと整骨院
ホームページ
?Gg[???ubN}[N??
はまっと整骨院
(Hamatto Conditioning Laboratory)
静岡県浜松市南区楊子町508
TEL 053-442-2502
▼診療時間
午前 9:00~12:00
午後 15:30~20:00
休診日 木曜午後・日曜・祝日
各種保険適用